効率的な入浴

24時間風呂で癒され仕事が順調に。

競走馬を生産する牧場に住み込みで働いていたのですが、そこには24時間風呂があり、午前中の汚れ仕事から戻ると、軽くお風呂に入ってから、気持ちよく昼食と昼休みを取る事ができていました。また冬場には、午後からの仕事を終えると、すぐに冷えた体を温めに、ゆったりとお風呂に入っていました。 馬の出産を控えた忙しい時期には、外出する時間も制限される上に、深夜にも馬に付き添う仕事があったりする中で、24時間風呂が最高の癒しであり、体調管理にも役立ってくれていました。 馬は、臭いにも敏感で、知らない馬の臭いや、嫌いな薬品の臭いがすると、こちらを警戒してしまう事もあるので、そんな時にも24時間風呂を活用していました。

隙間時間に24時間風呂でリラックス。

夜遅くまで仕事をしたり、徹夜をしたりしていると、体内時計が狂うのか、なんとなく体調の良くない日が出てきます。食欲が落ちたり、ダルくて眠ろうとしても、なかなか寝付けなかったり、眠れても今度は起き上がるこのが辛くて、目が覚めなったりしてしまいます。 そんな時には、ゆったりとお風呂に入りリフレッシュするようにしています。時間が不規則な仕事なので、24時間風呂が大助かりで、時間ができるとすぐにお風呂に入れます。今まで、お風呂の準備をしていた時間を、湯船につかる時間に充てられるので、焦る気持ちが生まれません。24時間風呂のお陰で、体調もよくなり、精神的にもリラックスした事で、意欲も出てくるので、本当に助かっています。